肌質によって使い分ける

admin, 26 4月 2015, コメントは受け付けていません。
Categories: 未分類

脱毛すると皮膚が敏感なところは、脱毛しているなという感じがお肌を通じで分かっちゃうのよね。
何か微妙なニュアンスとして書いてしまったけど、これは皮膚の敏感さによって痛みであり、何かあたっている感じがあるなという感覚が伝わっていたり何も感じないという人もいますので、その部分は本当に個人差なのよ。
 
家庭用脱毛器も性能が良くなってきて、昔みたいに処理をするたびに痛みを感じることはないけど、体のパーツによってはやっぱり痛みを感じてしまうので、痛みが苦手な人ほどこの部分は専門店にお任せをしちゃうけど、痛みが感じない部分は自分でした方が早いから家庭用脱毛器で処理をしましょうと、使い分けた方が良いのではと思っちゃうね。
 
 
やっぱり脱毛後のお肌のケアは、どうしても自分でおこなうよりはプロにやってもらった方が確実に荒れないけど、お肌が敏感な部分だけプロに任せして、ケアのコツさえつかんでしまえば他の部分は自分でケアすることもできるので、上手くいけば経済的にも優しくなるし、家庭用の脱毛器も商品によっては美顔ケアすることができるから、両方利用するのもいいのかなと思っちゃった。
もちろん家庭用脱毛器もそれなりの価格で買わないとならないし、専門店にて利用するにもコースによってそこそこ料金が掛かるから、経済的な余裕があればやってみたいけど、今の私にはちょっと難しいかな。

Comments

Comments are closed.

Leave a Reply:

Name *

Mail (hidden) *

Website